コラム

ハゲ種類の特徴を見極めて薄毛の原因を突き止めることが対策につながる

投稿日:

様々なハゲ種類とそれぞれが持つ進行状況の特徴

薄毛に関しては多くの男性や、あるいは女性にとっても悩みの原因です。

ハゲ種類の特徴を見極めて薄毛の原因を突き止めることが対策につながる

加齢による薄毛から若年の薄毛まで、個人によって現れる時期に違いもあります。

ハゲ方は一種類ではなく、いくつかに分類されます。

ハゲ種類としては、「若ハゲ」「O字ハゲ」「M字ハゲ」「U字ハゲ」などがあり、主に男性によくあるパターンです。

女性の場合は分け目が透けて見えるなど、全体的に薄くなる傾向が一般的です。

男性に多い局部的にハゲ上がるような場合は、誰から見ても目立つ状況になります。

男性や女性の薄毛は、男性型脱毛症(AGA)や女性男性型脱毛症(FAGA)が原因となって発症する場合が多いです。

これとは違って、円形脱毛症のように突発的に起こる薄毛もあります。

若ハゲは遺伝的要因のケースが多く早い段階の対応が必要

薄毛は男性に多く見られる症状です。

男性型脱毛症の場合は、主な原因として遺伝的な要因による男性ホルモンの影響があります。

薄毛は年齢の進行に応じて広がっていくことが一般的ですが、男性の場合には10代から20代、30代前半などの若い年齢で発症するケースもあります。

「若ハゲ」と言われるもので、男性型脱毛症が原因と考えられます。

ストレスや生活の不摂生から薄毛になる場合もありますが、若年で薄毛が進行するということは遺伝的要素が反映している可能性が高いです。

対策としては、良質のシャンプーを使った洗髪、効果的な育毛剤の使用、生活習慣の改善などが基本になります。

但し、若年性脱毛症を発症するということは、それだけ薄毛になりやすい体質を意味します。

一般的な薄毛予防だけでは効果が出ない場合もあります。

若ハゲとはいっても、早い段階であればそこまで薄毛が広がっていない場合も多いため、拡大しないうちに対策を立てることが有効です。

男性型脱毛症(AGA)に特徴的な現れ方のパターン

O字ハゲは、頭頂部から薄毛が広がっていくパターのことです。

鏡では見えない部分であり、他人から指摘されて初めて気づくケースもあります。

M字ハゲは、おでこの両側からハゲ上がっていく状態です。

おでこ全体が後退していくのではなく、両側から発生するため、初期段階であれば自分の髪でその部分を隠すことも可能です。

しかし進行していけば隠しきれなくなり、目立つようになります。

U字ハゲは、生え際全体が後退していくものです。

おでこ全体が広がっていくため、正面から見てもハゲ具合が目立つ状況になります。

これらは男性型脱毛症に起因して起こることが一般的です。

どれか一つのハゲ方が目立って起こる場合もありますが、薄毛が進行すれば複数のパターンが同時進行として現れることも多いです。

そうなれば完全なハゲ状態となるため、できるだけ早い段階での対処が必要になります。

状況によっては、生活習慣や髪にダメージを与えるヘアケア方法などが薄毛の原因となっていることもあります。

また、生活習慣の乱れが男性型脱毛症に拍車をかけているケースも考えられます。

FAGAや生活環境が原因の女性の薄毛に見られる特徴

女性にも、遺伝的要因が基で起こる脱毛症があります。

女性男性型脱毛症(FAGA)ですが、男性の薄毛とは違った現れ方をする場合が多いです。

抜け毛や髪が細くなることによって、全体的に薄くなっていく傾向があります。

女性の場合は、女性ホルモンの影響で男性のようにハゲ上がることはあまりありません。

FAGAが原因ではなく、他の要因で症状が起こっている場合もあります。

例えば、円形脱毛症のようなケースがそうです。

大きなストレスなどの精神的な要因で起こると言われています。

このような一時的な脱毛症状であれば、特に治療をしなくても自然に治るケースも多いです。

もちろん男性にも円形脱毛症は起こります。

一箇所に円形のハゲが発生するような場合は、やはり精神的な要因が基になって起こることが多数です。

この場合はAGAとは関係がなく、純粋に外部的要因で発生しています。

但し、円形脱毛症が進行していくような状況があれば、積極的な治療による対応が必要です。

薄毛治療に関してAGAクリニックを利用するメリット

薄毛対策は、原因を突き止めることが重要です。

AGAやFAGA、生活習慣、ヘアケアの問題、ストレス要因など、冷静に分析することで最適な対応策が発見できるでしょう。

AGAやFAGA対策では、医薬品のミノキシジルという成分が有効であることがわかっています。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されており、ミノキシジル成分を含む育毛剤は実際に発毛を促す効果が期待できます。

また男性に関しては、フィナステリドと呼ばれる医薬品も育毛に有効と考えられています。

但し、フィナステリドは、女性に対しては副作用の危険性があるため使用できません。

AGA(FAGA)クリニックは、これらの医薬品を適切に用いながら薄毛を改善していく専門病院です。

副作用の危険性に十分な配慮をしながら薄毛治療を行います。

薄毛対策の専門病院であるため、効果的な改善が期待できます。

医学的なアプローチはもちろんですが、その人の薄毛を引き起こす生活習慣についてもアドバイスします。

喫煙習慣などは、薄毛を促進する可能性があります。

AGAやFAGAの体質的に薄毛になりやすい人が喫煙を続けることは、さらに薄毛状態を大きくするリスクです。

どのようなハゲ種類であっても、改善のためには喫煙は避けることが大切です。

現在では、まだ体に及ぼす影響について明確ではないものの、電子タバコのような禁煙に役立つと思われるグッズも販売されています。

禁煙グッズを効果的に利用しながら、喫煙習慣を改めていくことが大切です。

-コラム

Copyright© ハゲナイータ , 2019 All Rights Reserved.