コラム

女性男性型脱毛症(FAGA)の症状が現れた時に意識すべきポイント

投稿日:

女性男性型脱毛症(FAGA)と男性型脱毛症(AGA)の違い

男性型脱毛症は「AGA」という名称で広く知られています。

女性男性型脱毛症(FAGA)の症状が現れた時に意識すべきポイント
一方で、女性が発症する場合は女性男性型脱毛症(FAGA)と呼ばれており、近年では女性の薄毛人口が増加傾向にあります。

男性型脱毛症では、頭頂部や生え際の薄毛が進行していくパターンが一般的です。

それと比較して女性男性型脱毛症は、髪が全体的に薄くなっていくパターンになります。

頭頂部を中心に薄毛が進行する状況はあるものの、生え際が後退するようなことは少ないです。

男性型脱毛症の多くは薄毛部分がはっきり目立ちますが、女性男性型脱毛症の場合は区切りなく、全体的に薄毛が広がっていく点が特徴的です。

女性男性型脱毛症(FAGA)が引き起こす薄毛症状の特徴

女性男性型脱毛症は、10代や20代のような若い年齢では発症せず、40代前後から進んでいくケースが多いです。

遺伝的要素や老化現象が主な原因です。

薄毛に関しては、髪を痛めるヘアケアや偏った食生活など、女性男性型脱毛症とは原因が異なる場合もあります。

まずは頭皮や髪に対して適切なヘアケアを行うことや、生活習慣の改善などを行う必要があります。

ストレスで一時的に髪が抜ける場合や、円形脱毛症のような症状もあります。

これらは女性男性型脱毛症とは異なる範疇の薄毛症状です。

ストレスで薄毛が発生している場合は、その原因となるストレスを解消すれば、自然に元通りになる可能性があります。

間違ったヘアケアの場合に関しても、それを見直せば薄毛状態は改善します。

しかし女性男性型脱毛症に関しては遺伝的側面があるなど、生活習慣が原因の薄毛とは異なり、改善には時間や手間がかかります。

女性男性型脱毛症(FAGA)が発生する主な原因とは何か

女性男性型脱毛症の発症原因として、ホルモンバランスの変化があります。

女性にも男性ホルモンは備わっていますが、量的に言えば女性ホルモンの方が多く、男性型脱毛症のような症状は起こりにくいと考えられています。

しかし何らかの原因でホルモンバランスに変化が起こり、女性ホルモンの量が減少するような事態になれば、薄毛症状が引き起こされる可能性があります。

女性ホルモンが減少する原因については、老化現象や環境変化によるストレスなど様々なものがあります。

しかし女性男性型脱毛症の場合は、遺伝的要因も強いと考えられます。

一般的にも女性は加齢によって女性ホルモンの減少が起こりますが、人によっては遺伝的要素でその傾向に拍車がかかる場合があります。

女性男性型脱毛症のメカニズムはまだ明確でない点もありますが、男性型脱毛症とは違っていわゆるハゲのような状態ではなく、全体的な髪のボリュームが減少するケースがほとんどです。

女性男性型脱毛症(FAGA)を改善するための有効な対策

女性男性型脱毛症(FAGA)を改善する方法としては、まず自力による方法があります。

生活習慣の改善は当然として、遺伝がからむ強力な薄毛症状に関しては、対策として積極的なものが必要です。

その一つとして、市販の女性用に作られた育毛剤を使用する方法があります。

元々は男性型脱毛症の対策として製品化されたミノキシジル配合の育毛剤は、現在では女性の育毛剤の中にも使われているものがあります。

但し、ミノキシジルの製品は医薬品に分類されるため、個人の状態によっては利用できない人もいます。

副作用についても注意が必要です。

自分が利用する上で問題がないかどうか、製品使用上の注意書きを読んで確かめる必要があります。

実際の使用に関しても、必ず使用頻度や量を守ることが大切です。

不安がある場合は、ドラッグストアの店頭で薬剤師に相談してみるといいでしょう。

自力改善とは別に、薄毛対策のための育毛サロンもあります。

育毛サロンは医療機関ではないため、医療行為としての改善方法はできません。

育毛サロンには様々なものがあり、医療的裏付けもないため、利用は慎重に行う必要があります。

かえって状態が悪化するようなことにならないためにも、各サロンの実力については十分に調べておく必要があります。

女性男性型脱毛症(FAGA)でAGAクリニックを利用する方法

女性男性型脱毛症の対策としては、AGAクリニックを利用する方法もあります。

クリニックは医療機関であり、治療行為として薄毛改善を行う点が特徴です。

利用者の体質や症状を見ながら、医薬品を使用するなど、頭髪改善の専門的処置を行います。

一般的な病院の皮膚科でも薄毛の受診は可能ですが、AGAクリニックは頭髪治療を専門に行っているためより効果的な処置を受けることができます。

但し、AGAクリニックの数は限定的であり、通院しやすい場所にあるかどうかはわかりません。

離れた場所に住んでいる人のために、インターネットを使ったやり取りで自宅にいながら受診できるクリニックもあります。

女性男性型脱毛症の治療は、保険対象外になる点にも注意が必要です。

各クリニックを比較して、料金を確認しておくことは重要です。

クリニックといえば禁煙外来のようなものもありますが、タバコに含まれるニコチンの影響で血流が悪くなり、薄毛の進行につながる可能性もあります。

喫煙習慣のある人が全て薄毛になる意味ではありませんが、育毛のためには禁煙も重要です。

最近では、電子タバコに注目する人も増えています。

電子タバコについては、その評価は定まっておらず、影響面について様々な意見があります。

但し、タバコを控えることは薄毛対策にとっても大切であり、禁煙用のグッズを利用することも一つの方法です。

喫煙習慣が深刻な人は、禁煙外来に相談するなどして、電子タバコについての意見も医師から聞いておくといいでしょう。

-コラム

Copyright© ハゲナイータ , 2019 All Rights Reserved.